Pocket
LINEで送る

世界最大のゴシック様式「ケルン大聖堂」

駅を出たら横から見たケルン大聖堂が出迎えてくれる

ドイツの都市ケルン。ケルン中央駅を出てすぐ真横に現れる荘厳な雰囲気の建物がこのケルン大聖堂です。

断言します。駅を出てからの最初の一言は、間違いなく「でけぇ…すげー…」です笑

本当にそのデカさに圧倒されます。人生でこんなに圧倒される建築物に出会ったことがありません。写真にも入り切りません。ケルン大聖堂を見てしまったせいでその後の旅行でスペインのサグラダファミリアに大きさで感動できませんでした…。

建築期間632年!ケルン大聖堂の歴史

現在のケルン大聖堂は3代目。初代のケルン大聖堂が4世紀に完成し、その後2代目が9世紀に完成。その後火災に見舞われたため、3代目の建築が1248年に始まりました。

しかし、宗教改革による財政困難のためしばらく工事が中断して3代目完成までの道のりは長いものでした。

1842年に建築が再開し、建築期間632年の時を経て1880年についに3代目ケルン大聖堂が完成しました。サグラダファミリアが140年ほどなのでいかに歴史が長いか分かると思います。その後第二次世界大戦で一部損傷するものの、復旧工事のおかげで現在まで多くの人々を魅了し続けています。1996年に世界遺産に指定され、2004年には高層ビルの影響で危機遺産に指定されるが、建築物の高さの規制をかけたりするなどの努力により危機遺産は解除されました。

ケルン大聖堂の高さ

入り口から見たケルン大聖堂

ケルン大聖堂の象徴ともいえる2つの塔(北塔と南塔)は高さ157mあり、完成当時は世界一の高さをほこる建築物でした。東京スカイツリーの634mと比べたら小さすぎる?

東京スカイツリーより何倍も迫力があります

ぜひその目で確かめてみて下さい。

入り口

美しいステンドグラスと圧倒的広さの内部

外見だけでも十分圧倒されるケルン大聖堂ですが、内部に入るとまたその美しさと広さに開いた口がふさがらなくなります。

首を垂直に傾けないと天井が見えないので首がこります

ケルン大聖堂ステンドグラスの中でも右側のバイエルン王ルートヴィッヒ1世が寄贈した「バイエルン窓」と呼ばれるものが有名です。


こんな神秘的な空間に入ることができます。しかも無料!

日曜日のミサ

日曜日にはミサが開かれます。この時は奥に入れるのは礼拝者のみで、観光客はうしろのほうで見学できます。

ケルン大聖堂の南塔を登る

ケルン大聖堂は南塔に登ることができます。さぁ、157mがそんなに高くないと思っている人は身をもってその高さを体感しましょう笑

533段の階段を自力で上ります。エレベーターはありません。

いままでヨーロッパのいろいろな建物や塔を登ってきましたが、トップレベルでここが一番疲れます

体力に自信がない人は休憩しながら登りましょう。

入場料は大人3ユーロです。僕の記憶違いでなければ学生料金があるはず!?(なぜ自信がないのかというと間違って僕は大人料金を払ってしまったからですw 友達は学生料金で入りました)

ようやく塔のてっぺんまで辿り着きました。まわりの人たちみんなゼーハーゼーハー言いながらベンチで休憩中笑

塔の周りを一周できます。網越しですがケルンを一望できます。

塔から見るホーエンツォレルン橋

休憩せずに登ったので地上に降り立った瞬間、しばらく足がガクガク震えました。(冗談抜きでガチです)

オススメ撮影スポット

ケルン大聖堂を綺麗に撮れるオススメ撮影スポットを紹介します。

ホーエンツォレルン橋とケルン大聖堂

ケルン大聖堂と言ったらこれ!という定番のアングルです。ホーエンツォレルン橋ライン川とともにケルン大聖堂を撮ることができます。ホーエンツォレルン橋をそのまま渡ってすぐ撮影スペースがあります。

KölnTriangle (ケルン展望台)

ホーエンツォレルン橋を渡ってそのまままっすぐ行くと見えてくる高い建物がKölnTriangle (ケルン展望台)です。ここはカメラマンに人気の撮影スポット。

エレベーターで屋上に上がるとさっそくカメラガチ勢が撮影していました。この頃の僕はまだカメラ初心者だったので三脚などあるはずもなく、手持ちでよそよそしく撮影笑

本当は夜景を撮るために来たのですが、この時は4月初旬。もうすでにサマータイムっぽくなっていて、日の入りが遅い!しかも4月まではこの展望台は午後8時に閉まってしまうため、夜景は撮れずに出てきました。曇りだったので夕焼けも撮れず…。夜景を撮りたいなら3月、4月はオススメしません。

KölnTriangle (ケルン展望台)の営業時間と料金

  • 10月1日〜4月30日 平日12時〜20時 土日祝日10時〜20時
  • 5月1日〜9月30日 平日11時〜23時 土日祝日10時〜23時
  • 大人3ユーロ 5人以上で1人2.5ユーロ 12歳以下無料

 

ケルン大聖堂は夜景が最も美しい

昼間の青空とケルン大聖堂の絵も素敵なのですが、ケルン大聖堂は夜景が最も美しいと思います。

三脚がないので石の塀の上にカメラを置いて必死に撮影笑

いままでヨーロッパ各国見てきましたが、ここの夜景は余裕で上位にくい込むほど美しいです。

ケルン大聖堂の営業時間

<ケルン大聖堂の内部>
毎日営業 6:00 – 19:30 (11 – 4月) 6:00 – 21:00 (5 – 10月)
日曜祝日: 13:00 – 16:30 (入り口でのミサの見学は朝から可能)<南塔>1 – 2月 9:00 – 16:00
3 – 4月   9:00 – 17:00
5 – 9月   9:00 – 18:00
10月      9:00 – 17:00
11 – 12月 9:00 – 16:00
入場料 3ユーロ  学生料金あり?

 

ケルンはケルン大聖堂だけでも行く価値のある人気スポットです。このほかにも香水博物館やチョコレート工場など見どころ盛りだくさん。

ケルンの宿泊

 


 Booking.com
 Hotels.com
 Expedia
 トリップアドバイザー
Pocket
LINEで送る

コメントを残す