Pocket
LINEで送る

朝5時プラハ着

夜行バスを使うと早朝に着くのが当たり前になってきました。今回も到着予定時刻より早くプラハに到着。時間が余りまくっていたので徒歩で2km以上歩いてホステルに荷物を預けに行きます。

 

プラハで泊まったホステル

今回プラハで2泊宿泊したホステルは「プラス パラハ ホステル (Plus Prague Hostel)」。

中心地から少し離れていますが、トラムを使えば15分程度で行き来できるので問題ありませんでした。このホステルはプールとサウナが無料で利用できます。施設が充実しているのでオススメ。フロントも24時間対応。

 

朝日に照らされるプラハ

ホステルにバックパックを預けたら中心地までまた歩きました。この時朝6時。トラムが走り始めていました。

朝日に照らされるプラハ城。

 

市民会館

「のだめカンタービレ」のファイナルコンテスト会場のロケ地。内部はガイドツアーで見学できます。今回は外から眺めるだけでした。

 

火薬塔

市民会館のとなりにあるのがこの「火薬塔」。 以前火薬倉庫として使われていたのが名前の由来。プラハは百塔の街と言われるほど街の至る所に塔があります。

 

旧市街広場とヤン・フス像

プラハで一番有名な旧市街広場へやって来ました。自信の信念を貫いて処刑されてしまった宗教改革者ヤン・フスの銅像があります。

広場には「27の白い十字架」が描かれている一角があります。処刑された反乱軍の指導者27名を追悼しています。

ティーン教会(ティーンの前の聖母マリア教会)

朝日に照らされるティーン教会(ティーンの前の聖母マリア教会)。2日目に中を見学します。内部は撮影禁止です。入場できる時間が10時00分~13時00分、15時00分~17時00分と限られているので注意が必要です。

 

プラハの天文時計

プラハにある中世の天文時計のひとつ。カラクリ時計になっており、朝9時から22時まで毎正時にカラクリが動きます。よく言われているとおり、「えっ、これだけ?」というくらい地味なカラクリなのですが、中世の時代からしたら高度な技術だったのでしょう。鐘を引くガイコツ君が可愛らしいです。

 

カレル橋と30体の聖人像

プラハで最も有名なカレル橋。橋の両端に塔があります。有料で登ることができます。僕は2日目に旧市街広場に近い方の塔に登りました。プラハ城とカレル橋を写すことができるのでこっちがオススメ。

入り口にカレル橋の建築を命じたボヘミア王のカレル4世の像があります。

カレル橋には30体の聖人像が並びます。そのうちの1体は日本でもなじみ深いフランシスコ・ザビエル。

朝の7時頃。早朝は人が少なくて写真取り放題。ここを昼間と夜は流れに逆らえないほど人が行き来します。

プラハ城。朝日の優しい光が当たってとても美しいです。

 

ミッション:インポッシブルのロケ地になった階段

橋の途中に下に降りることのできる階段があります。プラハ自体がミッション:インポッシブルのロケ地になっているのですが、ここの階段はトム・クルーズが駆け上がった場所。降りたところはミッションに失敗したときに車が爆発した場所。

プラハ城側の塔。

朝日が綺麗な陰をつくっていました。

朝食: Bakeshop

午前8時。お腹が空いてきたので、ネットで評価の高かったパン屋さん「Bakeshop」へ。コーヒー、ベーグル、ミニチョコクロワッサンを購入。地元客で賑わうお店でした。

朝9時に天文時計のカラクリを見るために広場に座って朝食を食べました。

 

チェコの通貨「チェココルナ」へ両替


9:00〜

カラクリ時計を鑑賞した後、まずは両替所へ。旧市街広場の近くにあるExchangeで20ユーロ分両替。レストランなどはいつも通りカード払いできますが、トラムのチケットや一部の教会の入場料は現金のみの対応のため、現金は必須です。トラムのチケット券売機は硬貨しか使えません。コイン多めにもらいたかったのですが、それは無理だと言われたので、もらったお札で近くのスーパーで買い物。店員のおばちゃんに「小さいのないの?」と言われましたが、500コロナ札を申し訳なく出してギリギリ110コロナ分の硬貨を手に入れました。1日乗車券購入 110コルナ(550円)

まずは地下鉄で移動。1日乗車券の打刻。A,B,Cラインがあります。

 

ダンシング・ハウス (Dancing House)

中にも入れるみたいですが、今回は外から眺めるだけ。

 

ケーブルカーで丘を登る


丘の上にあるペトシーン展望台タワーへ行くためにケーブルカーを利用。一日乗車券で無料で乗れます。東欧は物価が安くて素晴らしい。

 

たくさん並んでいました。待ち時間20分ほど。日中は10分おきに往復しています。 Újezd LD 〜 Petřín LD

ペトシーン展望台タワーから眺めるプラハ

11:00〜

プラハを一望できるペトシーン展望台タワー
大人120コルナ(600円)
学生80コルナ(400円)
エレベーターは+60コルナ

もちろん自力で登りました。頂上より階段の途中の景色のほうが綺麗だったので、体力があれば階段の利用をお奨めします。

オレンジ色の屋根

カレル橋。人がたくさん。

プラハ城。

帰りもケーブルカーで降りました。行きは並びましたが、帰りはすぐ乗れました。
Petřín LD 〜 Újezd LD

 

勝利のマリア教会 – 幼子イエス像

Google Mapを見ていたら、気になったので入ってみました。幼子イエス像が有名らしいです。

 

ジョン・レノンの壁

地上を走るトラムで移動。

 

昼食: Lokál Dlouhááá

13:00〜14:00

大衆食堂のような縦に長いお店。スープ(200円)、ラズベリーソーダ(薄味。200円。ビールの方がよい)、店員さんオススメのチーズを油で揚げたものにタルタルソースをかけた料理。本当にチーズしか入ってない。 800円

ネットで評価が良かったのですが、個人的には料理は微妙でした。スープは美味しかったのですが、チーズ揚げが…。でも安心してください。プラハは安くて美味しいお店がたくさんあり、これ以降は全部満足できる料理が出てきます。

ちなみにこのお店のトイレが突っ込みどころ満載なので見に行ってみてください。

 

天文時計の塔は工事中

プラハのベスト撮影スポットの一つが天文時計の塔で、そこから眺める旧市街広場とティーン聖母教会が美しいのですが、残念ながらプラハを訪れたときは工事中でした…。

火薬塔

トラムでホステルに帰り、チェックインしてしばし休憩。

 

夕食: Kolkovna Celnice (コルコフナ ツェルニッツェ)

チェコを代表するビールブランド、ピルスナー・ウルケルの直営店。かなりの人気店。予約しなくても入れましたが、スムーズに席に着きたかったら予約をお奨めします。ネットから予約可能です。

肉料理が美味しいということで、みんなで肉料理を注文。

これは鴨肉のロースト。

僕は鴨肉サラダと肉のスターター盛り合わせプレートを注文。この二皿が一番美味しかったです。複数人で訪れるといろいろ食べることができて楽しいと思います。お店が賑やかになってくると店員さんも忙しそうでした。忙しいとなかなかウェイターを呼ぶのが難しいので時間と気持ちに余裕を持って行くと完璧。ジュース、サラダ、肉盛り合わせ 計1500円

 

プラハの夜景 – カレル橋、旧市街広場

夜9時頃からようやく日が沈んできたので夜景撮影。まずはカレル橋へ向かいました。カレル橋の塔に登りたかったのですが、22時まで営業のはずが21時半には閉まっていました。ここもプラハのベスト撮影スポットの一つなので、塔から夜景を撮りたかったのですが、しょうがないので明日の昼間にリベンジ。

カレル橋は夜でも人がたくさん行き来します。

ゆっくり撮影するのは通行の邪魔になってしまうくらい混んでいるので、端のほうで三脚を組み立ててタイミングを見計らってすぐ撮影。

あまりに人が多いので、そのまま旧市街広場へ移動。

こっちも人が多いですが、場所を選べば三脚を立てて撮影できました。

旧市街広場では、若者がみんな地べたに座って語り合っていました。

以上で長い一日が終了。二日目もプラハ城、ストラホフ修道院と続きます。

プラハの宿泊

 

 

 Booking.com
 Hotels.com
 Expedia
Pocket
LINEで送る

コメントを残す