Pocket
LINEで送る

デュッセルドルフという街

オランダとドイツの国境近く、ドイツ西部の都市「デュッセルドルフ」はルール工業地帯の近くにあり、ドイツの中でも経済的に発展した街です。世界の住みやすい都市ランキング」でも毎年上位にランクインしているほど。そのため、デュッセルドルフには多くの日本企業が進出しています。それに伴ってデュッセルドルフでの日本人の人口が多くなり、現在ではヨーロッパの中でも規模の大きい日本人街ができています。

日本食を求めてデュッセルドルフ観光

デュッセルドルフ中央駅

オランダとドイツの国境付近にあり、もともと行く予定だったケルンへの道中に寄り道できる位置にデュッセルドルフがあるということで、日本食を求めて観光してきました!

午前10時半にデュッセルドルフ中央駅に到着。駅はアムステルダム中央駅のように人がたくさん行き交います。

世界で最も美しいショッピングストリートの一つ「ケーニヒスアレー(Konigsallee)」

デュッセルドルフには「ケーニヒスアレー(Konigsallee)」という有名ブランドが軒並み店を構える大きなショッピングストリートがあります。世界で最も美しいショッピングストリートの一つとして知られています。

あいにくの雨でしたが、日本食のお店がまだ開いていなかったのでゆっくり散歩して景色を楽しみました。

日本人街「インマーマン通り」で食べるラーメン「麺処 匠」

今回デュッセルドルフに来た理由はほぼこのためと言っても過言ではありません。そう、

ラーメン!

日本人街が特に発展しているここ「インマーマン通り」には数多くの日本食レストランが建ち並びます。その中でもとりわけ人気なのがこの「麺処 匠」。日本人はもちろん、観光客、地元のドイツ人も出入りする人気店です。この写真、開店前なんです。着いてみてその人気ぶりに驚き。

メニューは日本語があり、店員さんも日本人(僕たちが英語で話しかけてしまったため、終始英語での接客でしたがw)。

久々の日本食にワクワクしながら餃子と味噌ラーメンを注文。友達はキリンビールを昼間から注文

餃子は文句なしに美味しいですし、味噌ラーメンも麺にコシがあって食べ応えがあります。

日本の美味しいラーメン屋さんと比べると見劣りするかもしれませんが、ヨーロッパで食べるラーメンの中では間違いなくトップに入る美味しさです。わざわざ近隣諸国からこのラーメンを食べにくるというのもうなずけます。

旧市街(アルトシュタット)でアルトビールを飲む

 

デュッセルドルフの観光は旧市街(アルトシュタット)に集中しています。色々なお店があり、ドイツらしい立ち飲みバーもたくさんあります。ここ「Zum Uerige」というバーは特に有名なバー。みんな昼間から外でビールを飲んでいます。さすがドイツ笑

中に入って座ることもできるので、僕たちは中に入って飲むことに。(もちろん店内にも立ち飲みスペースあり)

席に座るとさっそくデュッセルドルフ名産のアルトビール(Altbier)を持ってこられます。コースターに線が引かれ、何杯飲んだかを確認します。テーブルが樽で飲み屋の雰囲気抜群でした。

アルトビールデュッセルドルフを中心に飲まれる上面発酵のビールで、独特の苦みが特徴です。見た目も濃い茶色で苦みを連想させます。ビールが嫌いな人というか、コーヒーなど苦みが好きじゃない人はあまり美味しく感じられないと思います。コーヒー大好きな僕は、ビールはそんなに飲まないほうですが、美味しく感じられました。僕たちは一人1,2杯でしたが、声をかけてきた隣の席の老後生活を満喫してるであろうおじさんおばさん5人グループがコースターの4分の3が線が引かれていて、「さすがドイツ…」と感服しました。

その後、ヨハンヴィルヘルム2世の騎馬像&市庁舎(Jan-Wellem-Reiterstandbild)へ行ったのですが、この日は何かのイベントがあり、テントが立ち並んでいたので市庁舎の写真が撮れず…

そのまま歩いていると、ライン川に出てきました!奥に見えるのはライン塔です。デュッセルドルフを一望できる展望台があるらしいのですが、天気も悪く、少し距離があったので今回は行きませんでした。

 

聖ランベルトゥス教会(St. Lambertus-Basilika)

ライン川沿いを歩いて行くと、デュッセルドルフで最も古い教会「聖ランベルトゥス教会(St. Lambertus-Basilika)」が見えてきます。

 

荘厳な雰囲気

外はまだ雨。僕の雨男が旅行になるといつも発揮されて困ります。外に出たら素敵な一瞬を撮るごとができました。

ケーニヒスアレーの近くのデュッセルドルフで一番賑わっていそうな通りです。みんな服がおしゃれ!!フェラーリなどの高級車も何台も見たのでやはり富裕層が住んでいるのでしょう。

以上でデュッセルドルフの観光は終わりです。午前10時半から午後16時までの5時間半でしっかり観光もでき、美味しいものも食べて飲むことができました。観光要素は少ないので「ぜひ行ってほしい!!」とまではいきませんが、ドイツの旅行中に寄る機会があればオススメです!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す