Pocket
LINEで送る

ビッグ・ベンは2021年まで修理

ロンドン・マラソンが開催されている中、国会議事堂周辺を散策。

ビッグ・ベンは愛称で正式名称はエリザベス・タワー。大きな鐘があり、日本の学校のチャイムはこのビッグ・ベンの鐘の音がモデルなので、鐘の音を聞くと懐かしい気分になります。

残念ながら今年8月末から修理することになり、大晦日などイベント時以外は4年間鐘を聞くことが出来なくなっています。

ウェストミンスター寺院
Wogen Resources Ltd

 

ウェストミンスター橋

国会議事堂の目の前にある大きな橋は「ウェストミンスター橋」です。ロンドンバスが通ったり、ロンドン・アイ、ビッグ・ベン、国会議事堂など360度ロンドンの名物がギュッと詰まった場所です。

 

ビッグ・ベンがちょうどはまる穴を見つけたり、この橋の周辺で数時間は余裕で過ごせますね。

 

イギリスは基本快晴!!というような日はあまりないイメージ。雲がかかっていても晴れていればラッキーでしょう。

 

これから乗るロンドン・アイ(London Eye)が見えてきました。とても人気な観光スポットなのでオンラインでチケット予約が必須です。一番安いチケットは時間が指定されています。まだ余裕があったのでゆっくりロンドン・アイへ向かいました。

 

世界で2番目に大きな観覧車「ロンドン・アイ(London Eye)」

ウェストミンスター橋を渡ってロンドン・アイにやって来ました!

近くで見るとやっぱりでかい。135mの高さは開業当時世界一でしたが、その後中国の南昌之星(直径160m)ができて2番目になりました。現在のスポンサーがコカ・コーラなので正式名称は「コカ・コーラ ロンドン・アイ (Coca-Cola London Eye)」です。夜景はそれを意識して赤色になっています。

チケットはいろいろな種類があります。

  • ロンドン・アイを含む近辺のアトラクション施設2つ利用: 40ポンド
  • 時間指定なしのファストチケット: 32.45ポンド
  • シャンパン付き: 36ポンド
  • 通常オンラインチケット: 平日19.5ポンド、土日23.45ポンド ※24時間以上前に購入

 

ロンドン・アイは、観覧車に乗るのがメインのアトラクションですが、おまけで4Dアトラクションも付いてきます。横の施設でやっていて、ロンドン・アイの乗車前、乗車後いずれでも利用できます。ロンドンをカモメの目線から眺められて、短いですが面白いです。

営業時間: 11:00 – 18:00
休業
  • クリスマス(25日)以外毎日営業
  • 2018年は1月、2週間ほどメンテナンスのため休業

チケット予約など詳細は公式サイトへ(英語)

 

 

印刷したオンラインチケットを見せて列に並び、いざロンドン・アイへ!

一つのカプセルがかなり大きく、一気に15人ほど乗ります。座って眺めたり、ガラス越しに写真をパシャパシャ撮ったりみんな自由に楽しんでいます。

この機械で今見えている建物の説明などを見ることができます。

EUで一番高いビル「ザ・シャード」

短い貴重な頂上での景色を楽しみます。

下がり始めたら一番国会議事堂が綺麗に見える位置が近づいてきます。ここからカメラマンたちはガラス越しにピッタリ張りついてシャッターを押しまくり。ガラス越しなので反射します。

国会議事堂を全体的に写真に収めるならロンドン・アイから!

乗車後、ロンドン・アイの4Dアトラクションも楽しみました。

 

ミレニアム・ブリッジとセント・ポール大聖堂

ロンドン・アイを楽しんだ後、テムズ川沿いを北上していると見えてくるのが「セント・ポール大聖堂」です。入場料と時間の関係で中には入っていませんが、外から見ても十分美しいです。

テムズ川沿いは散歩に最適。のどかなロンドンの景色を楽しめます。

セント・ポール大聖堂の真正面にある独特のデザインをした橋が「ミレニアム・ブリッジ」です。セントポール大聖堂とこのミレニアム・ブリッジの写真がカメラマンがよく撮るロンドンの景色のひとつです。

ここから奥にロンドン・ブリッジ、タワー・ブリッジが見えます。

 

一度ホステルにチェックインして休憩。次は夕食と夜景を見に夜のロンドンへ繰り出します!(続く…)

 

ロンドン1泊2日観光その1、その3

ロンドンの宿泊

 


 Booking.com
 Hotels.com
 Expedia
 トリップアドバイザー



Booking.com

Pocket
LINEで送る

コメントを残す