Pocket
LINEで送る

オランダ名物「パンネクック(パンネンクーケン)」

オランダ名物といえばチーズ、コロッケ、ニシンの酢漬け(ハーリング)、ポテトフライ(フリッツ)、ストロープワッフルなどスナック感覚で食べるものが多いです。そんなオランダ名物のひとつに「パンネクック(パンネンクーケン、Pannekoeken、Pannenkoeken)」というオランダ風パンケーキがあります。パンケーキといわれると、ふわふわの生地にフルーツや生クリームがのっているおやつというイメージがありますが、パンネクックは普通のパンケーキとは別物。パンケーキのようにフルーツをのせておやつで食べるものもありますが、伝統的なパンネクックは薄くて広いカリッとした生地にマッシュルーム、パプリカ、ベーコン、生ハム、チーズなどをトッピングして食べます。それ故おやつとしてではなく、立派な食事のひとつとして食べられています。

 

人気店「Pancakes Amsterdam」

オランダの首都アムステルダムにはこのパンネクックを求めて観光客が訪れるのでいくつかパンネクックのお店があります。その中でも度々メディアに取り上げられている人気店が「Pancakes Amsterdam」。青の背景に大きなフライパンを持ったシェフがパンケーキを空中にあげている看板が目印。アムステルダムに3店舗あります。どこでも同じものが食べられるので比較的空いていて店内も広いアムステルダム中央駅近くの店舗がオススメです。ちなみに現金は受けつけておらず、カード払いのみの対応になるので注意。

 

アムステルダム中央駅近くの店舗(8:00〜20:00)

 

9番通りの店舗(9:00〜18:00、土日休業)

 

アンネフランクの家近くの店舗(8:00〜20:00)

 

実食レポート

オランダ留学をしている身としてはオランダ名物は食べておきたい!ということで2007年にできた「Pancakes Amsterdam」の本店Negen Straatjes(9番通り)店へ行ってきました。パンケーキはフェアドレードの材料を使用し、グルテンフリー、ラクトースフリーでの注文も可能らしいです。

11時半のお昼時ということで4,5人ほど並んでいました。

青と白のストライプの屋根にこの看板が目印

この本店の店内は狭く、席が約20席ほどしかないので並びます。予約はできません。並びたくない方はアムステルダム中央駅近くの店舗がオススメ。

10分ほど待って席へ通されました。店内は白い壁に写真や小物が飾ってあっておしゃれ。テーブルはオランダのデルフト焼き模様がデザインされていました。

メニューはtraditional(定番)、sweet(おやつ用)、savoury(具だくさん)があります。トッピングを別で注文することもできます。僕は定番のベーコン+チーズ、友達はハム+チーズ(ともに9.5ユーロ)を注文。飲み物はコーヒー。

コーヒー。オランダのコーヒーは苦いことで有名。ここのコーヒーはそこまで苦くなく、酸味がなくて美味しかったです。紅茶とコーヒーを注文したらストロープワッフルが付いてきました(他のジュースなどは付いてくるか分かりません)。余談ですがオランダ名物、料理の中で僕が一番好きなのがこのストロープワッフルで、毎回スーパーで買っておやつにしています。お土産にオススメです。

そしてついにハム+チーズのパンネクックがやって来ました!大きなお皿にギリギリでパンケーキがのっかっています。上から見るとかなり量が多いように見えますが、生地が薄い(クレープよりは厚い)ので一人一皿でちょうどです(お腹一杯になります)。外側はカリカリとしていて、中心のほうはしっとりしています。バターとベーコンの塩気がマッチしていて一口目で「うまい!」と言ってしまうはず。ハムのほうがベーコンよりしょっぱめ。

注意点としては、後半味に少し飽きがくること。友達と訪れてシェアするのが美味しく食べられるポイントだと思います(ハムとベーコンのように似たような味じゃない組み合わせが吉)。あと、バターを多めに使っているので最後は油でお腹一杯になるかもしれないです。この辺を考慮して注文すればとても美味しくいただけるので参考程度に。

今回は昼食として訪れましたが、朝食ではセットメニューがあり、夕食にも利用できるお店だと思います。予約で席が埋まらない分、ふらっと立ち寄れるので柔軟な旅行計画に組み込みやすいです。

アムステルダムを訪れる際はオランダ風パンケーキで食事をしてみてはいかがでしょう?

 

アムステルダムの宿泊

 


 Booking.com
 Hotels.com
 Expedia
 トリップアドバイザー



Booking.com

Pocket
LINEで送る

コメントを残す