Pocket
LINEで送る

カメラの保護レンズがバキバキに割れる

ワルシャワ観光2日目。この日の朝、僕の旅行テンションを大きく左右しかねない事件が起きました。ホステルを出る直前、肩掛けのバッグを一度降ろそうとしたときにカメラストラップも同時に首から下がった状態になり、そのまま重さでレンズから床に落ちてしまったのです。「バキッ!」という鈍い音とともにレンズキャップがレンズに斜めにめり込みました。急いでレンズキャップを外そうとしましたが、めり込んでいてなかなか外れません。無理やり取ったら、パラパラと保護レンズの破片が床に散らばりました。「あぁ、終わった」と落胆しながら残りの保護レンズの破片と保護レンズの縁をガリガリ言わせながら回して外しました。すると、幸いにもレンズはほぼ無傷。オリンパスのレンズの丈夫さに感謝。丁寧に破片を取り除いて出発。

昨日の夜に使い始めた24時間券を使ってバス移動

昨日の一日乗車券使用

バス 116Wilanów 07行き

 

ヴィラヌフ宮殿

11:00 〜 13:00

ワルシャワの中心地から少し離れたところにあるヴィラヌフ宮殿にやって来ました。

大人 宮殿20pln  庭5pln
学生 宮殿15pln  庭3pln  計600円

 

まずは宮殿内を見学

 

昨日のワルシャワ旧王宮より控えめな装飾。
部屋によってはグループツアーで混んでいる場所もありますが、グループが移動したら自由に写真が撮れます。

昨日見たワルシャワ旧王宮があまりに美しかったので、ヴィラヌフ宮殿の内装はあまり長居せずに見学を終えました。

お次は庭へ。ヴィラヌフ宮殿は宮殿内部より庭のほうが好みでした。

 

近くのハンバーガー屋さんで昼食

バス 116 Chomiczówka 03 行き  Wilanów 07 〜  Pl.Na Rozdrożu 02

 

ワジェンキ公園とショパンの像

〜15:00

ワジェンキ公園は観光客がショパンの像を目当てに訪れる観光スポット。かなり広い面積があるので地元の人の憩いの場でもあります。

これはボタンを押すとショパンの曲が流れるベンチ。公園内にいくつかあります。

暑かったので公園内でアイスとペットボトルの水を購入 カード使用可 7.5pln (250円)
公園内はベンチも多く、無料トイレもあって快適。ゆっくり散歩しました。

バス 107Esperanto 05行き  Rozbrat 06 〜 Chmielna 02

ワルシャワ歴史地区

ホステルで荷物を回収し、ワルシャワ歴史地区をブラブラ。

人魚の像がある広場。可愛らしい建物とレストランのテラス席が立ち並びます。

夕食: Bazyliszel

広場に出ているレストランの一つ「Bazyliszel」で夕食。天気も良かったのでテラス席に座りました。広場のスズメがたくさんうろちょろしているので、鳥が苦手な人は店内に座るのをオススメします。新人店員さんがとてつもなく美人でした。タルタルステーキ、ワイン、デザートを注文。10.5ユーロ

ユッケのような生肉。肉自体には味がなく、周りの具と一緒に食べました。今までに食べたことのない料理。お腹を壊さないか心配でしたが、その後も何もなかったので大丈夫だと思います。

帰り際に見たワルシャワ蜂起 記念碑

夏のヨーロッパ周遊旅行費用(2カ国目終了時)

    • 交通費(ワルシャワ〜プラハ) 43pl  約1300円
    • 観光、食費 約7000円
    • 宿泊 1泊  約1600円
    • 初日からの合計 約24000円

ワルシャワの宿泊

 

 Booking.com
 Hotels.com
 Expedia
 トリップアドバイザー
Pocket
LINEで送る

コメントを残す